残土の処理を効率化する|買取サービスの利用で中古機械を簡単売却|対応の速さが評判

買取サービスの利用で中古機械を簡単売却|対応の速さが評判

残土の処理を効率化する

工事

土からがれきを選り分ける

ビルや住宅などの建設作業、あるいは架橋などの土木作業においては、まず地面を深く掘り下げ、基礎となる構造物を設置します。そのため、作業が完了した後は構造物の分だけ掘り出した土が余ることになります。これを残土といいます。残土は、中身が土だけであれば廃棄物としては扱われないため、処分は簡単です。しかし作業中に発生したゴミなど有害物質が含まれている時は、産業廃棄物として法にのっとった処分を行わなければなりません。加えて、残土の中にリサイクル可能な資材等が混入している場合は、これを再利用可能な状態にすることがやはり法令によって義務付けられています。残土が大量にある場合、こうした選別を手作業で行うのは大変です。そこで、残土ふるいという機械を利用することになります。機械化することによって、迅速かつ効率的な選別作業ができるようになります。

資源の有効活用に貢献

残土ふるいは、網状のふるいに残土を通すことによって、土から混入物を選り分ける機械です。ふるいの動かし方によって回転タイプ・振動タイプなどに分かれ、振動タイプはさらに縦横に細かく震える方式とゆりかごのように左右に大きく揺れる方式に分けられます。いずれの場合でも、網の目を通るか通らないかで混入物を選別します。残土ふるいによって選別を終えた後の残土は、埋め戻し材として利用することができます。また、混入していたコンクリートがらやアスファルトがらなどは、破砕して再資源化を行います。さらに、ゴムや繊維などのくずはそれぞれのやり方にのっとって処分されます。作業の効率化と資源の有効利用という観点から、残土ふるいは作業現場に欠かせない機材となっています。最近は低コストで利用できるレンタル品も出回っており、人気を呼んでいます。