工期の短縮に有効|買取サービスの利用で中古機械を簡単売却|対応の速さが評判

買取サービスの利用で中古機械を簡単売却|対応の速さが評判

工期の短縮に有効

工事現場

作業に慣れることで

一般的な土質改良機は、バックホウなどによって土質を掘り起こしてセメントなどを混ぜるものです。ただ最近は、固化剤を投入すれば自走で土質を改良できる土質改良機も注目でしょう。それほど特殊なものでは無いですが、一般的なバックホウよりは操作に技術が必要なので慣れるようにしておいた方が良いです。この土質改良機を使えば工期の短縮に繋がり、うまくいけばコストカットが可能です。ただし、小さな現場では慣れるまでに逆に時間がかかったり、重機のレンタル代が高くかかってしまう場合もあるので注意が必要です。広大な土地に道路を作ったりする際に、もとの地盤があまり良くないときは一考する価値はあるでしょう。取り扱っているメーカーもすべてではないので、利用するとなれば早めに確保しておくことです。

高い作業性が魅力

移動式の土質改良機の魅力は何といっても高い作業性です。特に現場が広くなるほど、セメントや固化剤などの材料置き場と実際に改良を行う現場との距離が長くなっていくので、それらを短縮することが可能です。また、作業員も通常の半分以下でできる場合もあるので、人件費も大きく削ることができるでしょう。現場自体がある程度の広さを持つことが大切ですが、工事に利用したことがある人がいれば、かなり工期の短縮につながるでしょう。また、バックホウなどでの混合に比べて混合率が一定になりやすいので、材料も無駄に使うことがなく効率的です。各メーカーで多少の違いはありますが、多くは背面で掘って、真ん中で混合して、前面で改良土を出すというのが一般的な仕組みと言えるでしょう。